知りたい本当のトコロ!クロスバイクはロードバイクとして使えるか?

カスタム談義
この記事は約5分で読めます。

クロスバイクはロードバイクになるのか?

クロスバイクはロードバイクに
なりません。
と、いう意見も多くありますが、

個人的には
「めっちゃ、アリ!」です。

その理由を大阪府堺市にある
ミニベロやカスタムが得意な
ポタリング(自転車散歩)プロショップ
「自転車処ぽたりんぐぅ」が
12年以上のポタリングPROショップ経験と
大小1000件以上のカスタム経験の中から
詳しくお伝えしていきます。

エスケープRX3をドロップハンドル化

エスケープシリーズと言えば
GIANTの展開するクロスバイク。

比較的、低コストで手に入るので
入門者がまず検討するバイクですね。

今回はよりスポーティーにと
ドロップハンドル化のご依頼です!

ハンドルのグリップポジションが増えるドロップハンドル化

ドロップ化を実現するには
STIレバーなどのロード系パーツと
クロスバイクについているパーツの互換性。

画像の引用元:株シマノ HP

最近はクロスバイクでもコンポーネント
がロード系と言う構成が多いので
ドロップハンドル化には便利です。

ポイントは互換性

ブレーキもショートリーチVブレーキや
リーチアジャスターなど
工夫が必要です。

今回は同グレードのコンポを搭載した
新車のロードを購入する予算の
半分以下でカスタム完了です!

オーナーさんの愛着がつまった
ファーストバイクを
大事に乗り続けてもらえることになり
自転車屋冥利につきるってもんです。

ブルホーンハンドルについてもあわせて
どうぞ。

TOKYOBIKE SPORT 9s クロスバイクのブルホーン化
クロスバイクをブルホーン化!乗りなれたクロスバイクで、もっと遠くまで行きたい!ロードとか買う余裕もない!そんな時は今持ってる自転車をカスタム!ロングライドが格段に楽になり、そのうえオシャレ!もっと自転車を楽しむための秘訣をお伝えします!
ブレーキは?シフターは?メリットは?ブルホーンハンドルのすすめ。
ブルホーンハンドルって一回やってみたいよねー。そうお考えのあなた!街乗りにはすごく有利なんですが、ブルホーンがマッチする人、そうじゃない人がいるのはご存知ですか!姿勢や機能、STIレバーなどあらゆる面からブルホーンハンドルについて考察してみます!

ロードバイクってなんだ?

一般的に「ツールドフランス」に代表される
ロードレースを行う競技車両をさす場合も
あります。

近年では自転車ブームもあり、
多くの人がロードバイクに乗るようになり
競技色の強いものを「ロードレーサー」
一般向けのものを「ロードバイク」
と言うこともあります。

実は初期のツールドフランスでは
「変速機禁止の固定ギアの自転車」で
走るのが規則でした。
なんと、変速機は

変速機など女子供の使うもので、
男子にあるまじき!

とされてたそうです。

自転車のカテゴリーは
時代とともに変化しているんですね。

クロスバイクはロードバイクになるか?

ではタイトルの問題はどうでしょう?

実はもうこれは言葉遊びです。
ロードバイクをどのように定義しているか?で
まるで考え方が変わります。

例えば、
あなたがレースを目指して練習するつもりなら
クロスバイクをロードバイクにしては
絶対にいけません!

フレームの設計も全然違いますし、
そもそも車検の問題でレースへの
出場すら認められないことが多いです。

そうではなくて、
あなたがロングライドを楽しみたい、
気軽にサイクリングを楽しみたい、
場合は十分にロードバイクになりえます。

あなたが自転車で実現したいイメージと
自転車の用途がマッチしていれば
ドロップハンドル化したクロスバイクを
ロードバイクと定義するのも自由です。

クロスバイクへの愛着、
複数の自転車を持てない事情、
予算的な問題、
など
自転車を取り巻く条件は十人十色です。

あなたができる範囲で
じぶんの理想に近い自転車を組み上げて
やればそれでいいのではないでしょうか?

ロードバイクやロングライド用バイクについて
古い書籍もありますがご参考に。

  

自転車業界の問題点

これをすべて悪いというつもりはないですが
自転車業界にはこういう流れがあります。

クロスバイクの購入

ロードバイクの買い替え

高級パーツの購入

「クロスバイクはロードバイクになるか?」
と言うこのテーマが都合悪い人もいます。

また、
ロードバイクを愛するが故、
ロードバイクに至上主義のような人も
お客様にも業界の方にもいらっしゃいます。

それ自体も問題はないです。

世の中の意見や論調はそういうものだと
思って受け止めるのも
必要なことだと思います。

もちろん、
当ブログもそのような目で鋭く見て下さいねw

まとめ。自転車は自由なんです。

何かしめっぽい流れになってしまいまして
申し訳ありません!

僕が常に思うことは
「自転車は自由なんだ。」
と言うことです。

最低限のルールとマナーさえ守れば
どこへでも自由に行ける、
個性的なカスタムも自由にできる、
遊び方だって自由に楽しめる。

そんな空気感こそが
僕が自転車にかかわり続ける
一番の理由です!

「自転車とはこうあるべきだ!」
「こんな自転車は邪道だ!」
「自転車の事を知らんくせに。」

本当にこんな事を言う人たまにいますw

そんな時は一言、
「ほっとけよ♪」

最後までお読みいただき
ありがとうございます。
クロスバイクのドロップハンドル化
にご興味わきましたらお気軽に
ご相談くださいね。

ブログ記事のシェア、ブログのフォローもお願いします!!

励みになります!

 

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました